2008年12月05日

帽子と掃除

こんにちは。リトルタバサの瀧本です。
今日は南口の「GROWNIN UP TABATHA」の話題です。
先月より店長が変わりました。
タバサの新店長。ゆったり鷹揚な感じが魅力のかれはお酒が大好きな人です。
新店長になってからのタバサは必見!きれいになりましたー。明るくなりましたー。前より快適にお買い物できます。
いかなカオスが魅力のTABATHAでも、雑然(きたない)と混沌(おもしろさ)とは違います。下北一番の帽子量、尋常ではない商品量を誇るこのお店において、いかに見やすく選びやすくするか。その手腕は必見!
続きを読む
posted by fellow at 00:25| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Little TABATHA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月21日

「PC Fan」の取材がきました。

こんにちはリトルタバサの瀧本です。
お店にパソコン雑誌「PC Fan」がきました。
お店にきたといっても末吉晴男時計工房の取材できたんですね。
うちのお店には末吉時計の過去作品がいっぱい展示してあるので撮影しにきたのです。
あと作者のスエキチさんもインタビューされていましたので面白い記事になることでしょう。
いろいろ撮影していましたので載るのが楽しみですね。
取材する側も取材されるほうも大いに楽しんでいまして「この時計買います!」とまでいっていただきました。
おまちしております。
前のTVの取材の時にもスタッフの方にお買上げいただきまして「俺、仕事中なのに!ヤバイ!」とまでいっていただきました。
やはり作品の持つパワーのなせるわざといったところでしょうか。
スエキチさんといえば自分の昔の作品をみて「昔のオレ、スゲー!昔のオレ、スゲー!」とつぶやいておりました。
ガンバレ!スエキチさん!
それから、ご存知かとは思いますが、新作出ています!
ひとつの時計に往年のビミョーな迷機能満載の時計となっております。必見!
スエキチさんにおいしいコーヒーの差し入れいただいたので書いてみました。
posted by fellow at 00:41| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Little TABATHA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月18日

三月のウサギ泥棒

はじめましてスタッフの里と申します。

普段はマジシャンをしておりまして、
それ以外では、タバサか、北口のリトルタバサに
入らせていただいています。

タバサのスタッフはみんな優しいので、僕のマジックを
ほめてくれるのですが、そんなたいしたことは無いのです。
マジシャンやっていても、せいぜい、
カリオストロの城のルパン三世の物まねができるくらいです。
「今はこれがせいいっばい」

ルパンも素敵ですが、どちらかというと
僕はウサギの方に惹かれます。

ルイス・キャロルの小説ではアリスがウサギを追いかけ、
穴におっこちて、不条理な物語が始まります。
好奇心旺盛なアリスとしてはウサギを追っかけないことには
話をはじめようがないわけですね。

そんな、物語の導入としてのウサギになれるなら、
穴の中が下北沢でも、僕がマジシャンでも、
なかなか幸せな気がします。

そんなかんじで
三月ウサギはいかれた帽子屋とお茶会をして、
アリスが目を覚ますまであたふたと走りまわります。
素敵ですよね。
彼ベジタリアンですし。

posted by fellow at 07:31| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Little TABATHA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月17日

ベルクの本

「新宿駅最後の小さなお店ベルク」
〜個人店が生き残るには〜
井野朋也
P-VineBooks


リトルタバサの瀧本です。こんばんは。

ベルクというお店があります。

新宿東口改札を出てすぐの場所にそのお店はあります。

はじめは時計作家の末吉晴男さんに連れて行ってもらいました。

(うちで扱っている時計を作っている人です。)

人通りの多い場所なのでつい通り過ぎてしまうような場所にそのお店

はあります。

にもかかわらず、店内はぎっちぎちに人が詰まってるし、レジにも人

がずらりとならんでいて活気があります。

初めて見たときは、ファーストフード店なんだけどおもいあまって
                            
いろいろ継ぎ足しました。という印象のお店でした。

が!ここの食べ物飲み物すべておいしいのです。衝撃的といってもい

いくらいですね。しかも安い。食べたときに「えー!これはもっと高

くてもいいだろ。」とおもってしまうくらいですね。
    
コーヒーやパン、ソーセージ、、、ひとつひとつの素材のおいしさが

尋常ではないのです。

店内をよく見ると、写真が展示してあったりテイクアウトが充実して

いたり客層もさまざま。過剰で混沌としていてそれでいて活気があっ

て居心地が良い感じがします。

このお店が最近本をだしたので読んでみました。
続きを読む
posted by fellow at 02:38| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | Little TABATHA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月13日

手品と時計

こんにちは。リトルタバサの瀧本です。
12日お休みでした。
その日、お店に入っていたスタッフは、ただの帽子屋さんではありません。彼の本職はマジシャンです。手品師です。腕前は世界レベル!だからお会計のときに空中から釣銭が出てきてもおかしくありません。
手品といえば、思い出されるのは映画「バクダットカフェ」。
カフェにきたお客さんの耳の側からクッキーをだしてあげているシーン。
あとレオスカラックスの「汚れた血」ですね。主人公がヒロインのジュリエットビノシュ相手にコミュニケーションの手段として手品を使っていたのが思い出されます。
双方とも日常の何気ないやり取りの中に、相手を喜ばせようとしたり、心を開かせようとしたりして、マジックを織り込むという印象的な使われ方していて心に残っています。なんというか、ストーリーはまったく覚えていないのですが。

あと最近店内がすっきり明るくなったのも彼の功績ですね。
彼は美大生でもあるのでその美意識が発揮されているのでしょうか
私としては大変助かっています。

先日、末吉晴男時計工房の新作が入荷しました。
オクトパス2から間を置かずのリリースで末吉さん、がんばりました!
名前は「初雪」

今回は前作の過激な絵柄とはうってかわってノスタルジックかつロマンティックな絵柄となっています。
コレクターの方にはおなじみの、クリスマス時期に登場するアナログ3D。名作「フライミートゥーザムーン」の2008年版とおもっていただければ分かりやすいかなーとおもいます。
いつもの光る雪景色に加えて今回はさらに+αの工夫がほどこされています。
小さい文字盤のなかに凝縮された物語は見る人を別時間へと誘います。一度でも、見るだけでも、その時間を体験していただければとおもっています。
今回の作品はプレゼントにも最適ですよ。
世界に六個しかないのですから。
その人に、世界で六人しか見れない雪景色をプレゼントできるのですから。
こんな、特別なプレゼントはなかなかないはず。

前記のマジックの話ではないですが、手品を使えなくても、末吉晴男工房の時計はつけているだけでも人と人をつなぐコミュニケーション材料となりえます。
今回の作品なんてつけているだけで初対面の人とでも盛り上がれますよ?
posted by fellow at 22:25| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Little TABATHA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月09日

東洋百貨店という場所

今日は土曜日でありつつ秋の雨がふったりする少し寒い日でありましたが
ここ東洋百貨店ではそんなことには関わり無く、ガレージ前のスペースで何かバンドが演奏したりして人だかりができたりして楽しそうであります。

ここのお店にきて4ヶ月くらいになるのですが、この東洋百貨店という場所は不思議な場所であるなー。とおもいます。遊び心があるといいますか、、、。駐車場を改造してそこに何店舗も小さいお店がはいっているのですが、元の駐車場の感じも残っていたりしてアヤシイ感じです。夏などは国内外から観光客が押し寄せ、よくわからない異国情緒あふれる場所になります。タイやインドの市場をうろうろしたときの感覚を少し思い出せたりします。
おもえばとても下北らしい場所のような気もするのですが、意外にできてからあまり年数はたっていないようです。

下北で働くのはひさしぶりですが、この場所はなかなか気に入っています。
                            リトルタバサ 瀧本
posted by fellow at 02:29| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Little TABATHA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月05日

連休中は。

こんばんは。リトルタバサの瀧本です。
11月頭の三連休、皆様ご来店ありがとうございました。
皆様のお休み中のお買い物の楽しいひと時に関われたことをうれしく思います。
いい買い物をした!とおもっていただければなおうれしいです。
さてハロウィンも終わり、(そういえば南口のタバサの方ではスタッフみんなで仮装する!って店長が張り切っていましたがどうだったんでしょうか。)クリスマスの飾りつけに店内はシフトしていってます。12月にはいったらもっと派手にしようと思っています。
毎年思うのだけどクリスマスに働けるってうれしいことだなーって思います。
お客さまのクリスマスの思い出のひとこまとしてうちのお店が残るんですよ!
あの年のクリスマス、あのお店でこんな帽子買っちゃったよなーとか。
プレゼントしたらものすごくよろこばれた!とか。
幸せすぎますね。
でもまあ、いまはまだ11月なので、本当はススキとお団子をかざってお月見したい気分ですね。秋ですし、しっとりとしたいですね。
新入荷情報はスタッフの高橋君にお任せします、、、。
posted by fellow at 23:52| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Little TABATHA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月02日

末吉時計新作入荷!

来ましたよー。

新作です!

末吉時計「オクトパス2」入荷!(写真なし!)

前回店頭に並んでからは右から左、1時間ぐらいで売り切れたんじゃないかなー。
漆黒の文字盤と鈍く光る真鍮の輝き
妖しくのびる赤いベルト
このコントラストが格好良い!死ぬほどカッコいい!

なんかイベントとか方々で「あれは良かった」と褒められたのでまた造ったらしいです。

蛸の墨にも似た文字盤から浮き上がってくるイラストは前回とは違うバージョンです。書き下ろしです。

前回は蛸とは関係ありませんでしたが、今回はオクトパスだけにタコ絵です。

あの世界の春画史上、不朽の名作といわれた葛飾北斎「喜能會之故眞通」(きのえのこまつ)末吉版!です。 これは買いだ!


 あ、あとおまけでですね。今回の時計のパッケージというか箱がですね、小さい灰皿なんですよ。でいつものことながら末吉さんのイラストが貼り付けてありますので時計を取り出したあとは灰皿として使えます。オリジナル末吉灰皿です。

たばこを吸っている方にはうれしいおまけです。
posted by fellow at 00:12| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | Little TABATHA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月29日

今日の末吉晴男工房

リトルタバサの瀧本です。こんばんは。日記までみていただいてありがとうございます。
スタッフの高橋くんの熱意に押され、なんとなくブログを書くことになってしまいました。
ここリトルタバサは東洋百貨店にある帽子屋さんですが、最近まで看板がなかったので名前を知っている人は少ないかも知れません。
 それはいいのですが、東洋の帽子屋さんでもいいのですが、なにをかきましょうか。、、、そういえば、末吉さんは時計作っていましたよ。仕事帰りに工房によってみたのですが。前回好評だったオクトパスを作ろうとしてたんだけどまたなんか追加したくなり進化形になってしまい、値段も上がりそうな感じになり、あーもう俺ってやつは!という感じでしたが。本当は今日ぐらいにはあがるはずなのでしたが。また伸びそうですね。入荷は。まあ、いつものことですね。
そして完成品を見せられたときに感動してしまうのもいつものことですが。
末吉さんというのはうちのお店で扱っている時計の作家さんのことです。
詳しくは、末吉晴男工房をみていただければ。びっくりしますよー。
というわけで皆さんもうちょっとお待ちください。
それから今日パンダのマスクと骸骨のマスクを買っていった金髪の少年たちのハロウィンが楽しいものになるといいな。と思う深夜2時。もう、寝ます。

posted by fellow at 01:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Little TABATHA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。